明治神宮外苑 紅葉

都内の紅葉で一番人気なのが、イチョウ(銀杏)並木で有名な明治神宮外苑の紅葉です。

テレビの情報番組などでも紅葉情報で紹介されますが、ドラマの名シーンでもこのイチョウ並木がたびたび登場して人気が高まり、紅葉の時期はかなりの混雑が予想されます。

また、紅葉の時期に合わせて「神宮外苑いちょう祭り」も開催されるので、都内の紅葉の名所の中でも集まる人の数はNo.1です。

今回は、明治神宮外苑の紅葉の

  • 2018年の見ごろの時期
  • いちょう祭りの日程やイベントの内容
  • 混雑状況

など詳しく紹介します。

関連:神宮外苑のいちょう祭り2018に行って来ました!混雑している人気のお店やライトアップについて

明治神宮外苑の紅葉の見ごろはいつ?

明治神宮外苑のイチョウは大正12年に植えられたものです。

青山通りの青山2丁目交差点から聖徳記念絵画館に向かって四列に連なる約300m・156本のイチョウ並木は黄葉に染まり、壮大で、とてもロマンチックです。

石造りの絵画館が見え隠れして気分を盛り上げくれます。

デートスポットにも最適ですよ。

明治神宮外苑のイチョウは黄葉すると「黄金色のトンネル」となり、落葉すると「黄色のじゅうたん」となって訪れる人々を楽しませてくれます。

お勧めポイントは絵画館側の噴水前から望む並木の景観です。

この美しい並木の通りが歩行者天国になるのが、例年日曜と祭日の朝9時から夕方5時までです。

例年の紅葉の見ごろは11月中旬から12月上旬です。

ですが昨年は11月15日に近くを通ったのですが、イチョウがまだ完全に黄色くなく落葉の数も少ないので、「黄金色のトンネル」も「黄金のじゅうたん」もまだ見ごろではありません。

今年は夏が猛暑でしたので、秋が例年より低くない限りは昨年と一緒で11月下旬からが見ごろだと思います。

特に11月最終週から12月5日くらいまでまでがおすすめです。

こちらは明治神宮外苑のイチョウ並木の動画です。
[su_youtube url=”https://youtu.be/MkZvVIgThP0″]220[/su_youtube]

本当にキレイですね。

トンネルやじゅうたんも良いのですが、イチョウの葉が舞うのが桜吹雪のようで風情を感じます。

このイチョウがたくさん舞うのも11月中旬よりも11月末ごろがおすすめなので時間に都合がつく場合は、この時期に行くようにしましょう。

ただ紅葉を見に行く日が見ごろかどうかを調べたいという場合は、いちょう祭りの公式ツイッターがおすすめです。

いちょう祭りの公式ツイッターはこちら

この「いちょう祭り」が毎年かなりの盛り上がりを見せます。

神宮外苑いちょう祭り2018開催日時・屋台やアクセスについて

今年で22回目を迎える、すっかりおなじみとなった「いちょう祭り」の開催期間はとても盛り上がります。

【日程】 :11月16日(金)~12月2日()17日間
【時間 】: 10:00~17:30

雨天決行。但し、状況により中止の場合もあります。

【会場】神宮外苑いちょう並木噴水池周辺・軟式球場

【入場料】:無料

お 問 合 せ】 : 03-3401-0312 (明治神宮外苑 総務部)

いちょう祭り公式サイトはこちらから

アクセス

  • JR総武線「信濃町駅」から徒歩10分
  • 東京メトロ銀座線「外苑前駅」、
    銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」から徒歩5分

[su_gmap address=”外苑いちょう並木噴水池”]

銀座線の「外苑前駅」と「青山一丁目駅」のどちらの駅からも同じくらいの距離です。

外苑いちょう祭りは年々と人気が高まって約180万人もの人が集まる大イベントです。

毎年いろいろな催し物が開催されて、昨年は「日光猿軍団」が登場して観客をわかせていました。

また、クラフトなどできるブースもあるようなので、お子様も楽しめますよ。

そして何と言っても人気なのが、「フードブース」です。

全国津々浦々から、特産品やB級グルメがいっぱいです。

昨年は40店舗以上が並んでいました。

お肉や海鮮、ラーメン、お酒なども販売されますが、特に肉メニューは充実しています。

  • ステーキ
  • ローストビーフ
  • 唐揚げ
  • ハンバーグ
  • 和牛炙り寿司

など「肉フェスなのでは?」というほど充実しています。

今年はまだどんなお店が出るのか発表されていませんが、昨年同様に肉料理が充実すると思いますので、発表を楽しみに待ちましょう。

実際に初日の16日(金)にいちょう祭りに行ってきました。

その様子は神宮外苑のいちょう祭り2018に行って来ました!混雑している人気のお店やライトアップについてでご確認ください。

紅葉のライトアップが昨年からスタート!

2年前まではライトアップは無かったのですが、実は昨年からライトアップが始まりました。

今年の日程は11月23日(金・祝)~12月2日(

時間は16:30~19:30までです。

おすすめは16:30の点灯時です。

外苑駅と青山一丁目駅側の246沿いがビューポイントですよ。

絵画館もライトアップされているので、イチョウとの並びはとても幻想的です。

明治神宮外苑の紅葉の混雑状況は?


紅葉のシーズンの明治神宮外苑のイチョウ並木は本当に多くの観客であふれます。

平日なら空いているかと思ったのですが、天気の良い日ですと、いつもの土日並みに混雑している場合があります。

特に11月の終わりから12月の頭にかけては平日はもちろん、土日はかなり混雑します。

平日の日中でもイチョウ並木のレストランやカフェはどこもお店の前に列ができています。

ですが日曜祭日の9時~17時はイチョウ並木の道路が歩行者天国になるので車道を歩くことができるため、土曜日よりも混雑が緩和されます。

ただ11月中旬やお祭りが終わった12月3日以降であれば、思った以上には混雑しないので、混雑は避けたいという人はそのころに行くのが良いでしょう。

また昨年からライトアップが始まりました。

ライトアップの時期はかなり混雑すると思いますよね。

ですが昨年は明治神宮外苑のライトアップが初めてで、まだ浸透していなかったからか、11月24日(金)に行ったときは、それほど混雑はしていませんでした。

ただ今年はライトアップの認知度が上がっていると思うので昨年よりは混雑しそうです。

そしていちょう祭りで一番混雑するのが食べ物のブースです。

平日は行列ができるほどではなく、毎年一番人気のお店には少し列ができる程度で、並ばずに買えるお店もあります。

ただ土日は人気店は並びます。

昨年は博多のホルモン焼きや宮崎牛のローストビーフは平日でも少し列ができていましたが、土日は結構行列ができていたようです。

このようにお店によって違いがありますので、人気店は20~30分並ぶのは覚悟しましょう。

混雑が嫌だなあと思う人はいちょう祭りが終わった12月3日以降に行くのもおすすめです。

イチョウのじゅうたんがたくさん敷かれているので、その上をゆっくり歩いたり、ベンチに座ったりしながら時間を過ごすのも良いですね。

まとめ

都内の紅葉の中でも人気の1,2位を争うのが明治神宮外苑の紅葉です。

テレビドラマでも

  • 101回目のプロポーズ
  • 愛という名のもとに
  • 花より男子
  • カルテット

など昔の名作から最近の人気ドラマなどでもシーンで出てきますね。

イチョウ並木を歩くだけでも十分ですが、いちょう祭りがあったり、ライトアップがあったりと本当に盛りだくさんです。

本当にロマンティックなので、クリスマス前に告白するには良い場所だと思います。

ぜひ今年は明治神宮外苑の紅葉を見に行ってみてくださいね。