ジャンボ宝くじは年5回ありますが、一番最初は「バレンタインジャンボ宝くじ」です。2017年までは「グリーンジャンボ宝くじ」という名称でしたが、一昨年からバレンタインジャンボに変わりました。ですが、今年だけ名称がまた変わり「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」となりました。

今回は「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」や「東京2020協賛ジャンボミニ」の

  • 当選番号
  • 2020年の特徴と発売期間・抽選日・金額
  • 当選確率
  • おすすめの当たる買い方
  • 当たりやすい購入おすすめ日
  • 宝くじが当たる売り場と販売代行

など詳しく紹介します。

東京2020協賛ジャンボ宝くじ・ミニ当選番号

東京2020協賛ジャンボ宝くじ(第827回全国)当選番号

等級 当選金額 番号
1等 2億円  06組 142007番
前後賞 5千万円  06組 1等の前後の番号
組違い賞 10万円   1等の組み違い同番号
2等 500万円 69組 127903番
2等 500万円 39組 169648番
2等 500万円 100組 149490番
2等 500万円 74組 190995番
2等 500万円 46組 168706番
3等 100万円 各組共通 136923番
4等 10万円 下4ケタ 9180番
4等 10万円 下4ケタ 0953番
4等 10万円 下4ケタ 1597番
5等 1万円 下3ケタ 281番
5等 1万円 下3ケタ 755番
6等 2000円 下2ケタ 18番
7等 300円 下1ケタ 0番

東京2020協賛ジャンボミニ(第828回全国)当選番号

等級 当選金額 番号
1等 2千万円 74組 102034番
1等 2千万円 21組 148435番
1等 2千万円 84組 171403番
1等 2千万円 56組 131613番
1等 2千万円 70組 189374番
1等の前後賞 500万円 1等の前後の番号
2等 100万円 組下1ケタ1組 199317番
2等 100万円 組下1ケタ4組 141554番
2等 100万円 組下1ケタ4組 118476番
2等 100万円 組下1ケタ2組 141803番
2等 100万円 組下1ケタ2組 121692番
3等 10万円 下4ケタ 6519番
3等 10万円 下4ケタ 8352番
3等 10万円 下4ケタ 1657番
3等 10万円 下4ケタ 8784番
4等 1万円 下3ケタ 185番
4等 1万円 下3ケタ 906番
5等 3千円 下2ケタ 52番
6等 300円 下1ケタ 7番
東京2020賞 3万円 下4ケタ 5905番

東京2020協賛ジャンボ宝くじ・ミニ発売期間、抽選日、金額

名称

  • 東京2020協賛ジャンボ宝くじ(第827回全国自治宝くじ)
  • 東京2020協賛ジャンボミニ(第828回全国自治宝くじ)

発売期間

2020年2月3日(月)~2月28日(金)

価格】:1枚300円

抽選日2019年3月6日(金)

東京2020協賛ジャンボ宝くじの等級、当選金、本数

等級 当選金額 本数
1等 2億円 10本
1等の前後賞 5千万円 20本
1等の組違い賞 10万円 990本
2等 500万円 50本
3等 100万円 1000本
4等 10万円 3万本
5等 1万円 20万本
6等 2千円 100万本
7等 300円 1000万本

1等は昨年と同じ2億円で、前後賞を合わせると3億円になります。昨年と比べて1等~7等まで当選金額は変わりませんが、昨年まであった特別賞の「バレンタイン賞(2万円)」が無くなりました。

関連記事

サッカーくじのtotoBIGの種類と当選確率がアップする方法!おすすめの購入時期と場所は?

東京2020協賛ジャンボミニの等級、当選金、本数

等級 当選金額 本数
1等 2千万円 20本
1等の前後賞 500万円 40本
2等 100万円 200本
3等 10万円 1万6千本
4等 1万円 8万本
5等 3千円 40万本
6等 300円 400万本
東京2020賞 3万円 4千本

ミニの1等は昨年と同じ2千万円で前後賞合わせて3千万円も一緒です。ですが昨年は「1等7等+バレンタインミニ賞」でしたが、今回は「1等~6等+東京2020賞」と一つ等級が減っています。これは昨年2等の500万円が無くなって、昨年3等だった100万円が今年は2等に、昨年4等だった10万円が今年は3等にと一つずつ繰り上げになっています。

昨年のバレンタイン賞ミニ東京2020賞の当選金額は同じです。

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじ・ミニの当選確率は?

東京2020協賛ジャンボ宝くじの前のバレンタインジャンボグリーンジャンボといえば「当選確率が低い」というイメージですが、実際はどうなのでしょうか?

東京2020協賛ジャンボのユニットは10で1等の本数が10本です。年末ジャンボは1ユニット2000万枚ですが、他のジャンボ宝くじは1ユニット1000万枚です。

1ユニット1等が1本当たるので1等の当選確率は1,000万分の1となります。年末ジャンボより1等の当たる確率が倍になります。

東京2020協賛ジャンボの当選確率(10ユニット)

等級 当選金額 当選確率
1等 2億円 1,000万の1
1等の前後賞 5千万円 500万の1
1等の組違い賞 10万円 約10万分の1
2等 500万円 200万分の1
3等 100万円 10万分の1
4等 10万円 約3,333分の1
5等 1万円 500分の1
6等 3千円 100分の1
7等 300円 10分の1

 

東京2020協賛ミニの当選確率(4ユニット)

東京2020協賛ミニのユニットは4で1等の本数が20本です。1ユニットは1000万枚なので、1ユニット当たり5本当たるとなると1等の当選確率は200万の1となります。

等級 当選金額 当選確率
1等 2千万円 200万分の1
1等の前後賞 500万円 100万分の1
2等 100万円 20万分の1
3等 10万円 2,500分の1
4等 1万円 500分の1
5等 3千円 100分の1
6等 300円 10分の1
東京2020賞 3万円 1万分の1

ミニは1等2,000万円ですが、当選確率は200万分の1なので、ジャンボの1等2億円よりも5倍当たる確率が高くなります。金額を取るか当選確率が高い方を買うのかは好みが分かれるでしょう。

宝くじのおすすめの買い方は「縦バラ」や「縦連」?

宝くじを購入する際の基本の買い方は「バラ」か「連番」ですね。ですがバラは1等と前後賞を合わせて当てるのができませんし、連番はすぐにわかってしまうので、1枚1枚確認しながらという楽しみがありません。ですが最近は「縦バラ」という購入方法が徐々に広まっています。

縦バラとは?

縦バラで30枚宝くじを購入すると10枚1セットで3袋渡されます。(これはバラや連番でも同じです)この3袋の縦バラの中身は、1袋に入っている10枚の番号はバラバラ。

ですが1袋目の1枚目2袋目の1枚目3袋目の1枚目連番になっています。そして1袋目の2枚目2袋目の2枚目3袋目の2枚目連番と袋の違う3枚が連番になっています。

例えば
1セット目の10枚が

10組   25組     99組
123450 198769・・・ 111111

と10枚がバラバラの番号でも2セット目の10枚は

10組   25組     99組
123451  198768・・・ 111112

3セット目の10枚は

10組   25組     99組
123452  198767・・・ 111113

と「3枚が連番になっている買い方」です。40枚買えば4枚が連番、50枚買えば5枚が連番になっています。

そうなると10枚セットの番号はバラバラですが、他の2セットと下一桁が連番になっているので1等+1等の前後賞を狙うことができます。

99組の「111112」が1等だとすると「111111」と「111113」が前後賞です。

このように「縦バラ」は「バラ」という言葉がありますが、「連番」の要素も入っている買い方です。「縦バラ」という買い方は今では多くの宝くじ売り場で対応してくれますので確認してみてください。

「縦連」とは?

縦バラ以外にも「縦連」という購入法があります。こちらは縦連用10枚1セットの袋を複数買うと、同じ組の中でずっと番号が続く連番になっています。

例えば30枚を「縦連」で購入した場合、1袋目の1枚目が01組の「100001」だとすると3袋目の10枚目(つまり30枚目)が01組の「100030」となります。

普通の連番は1袋の10枚までが連続の番号になっていますが、他の袋とは組みも番号も違います。ですが「縦連」の場合は組は全て一緒で、番号が連番になっています。

縦連のメリットは「あと1番、または数個違いで当たっていたのに~」といったことを避けることができる可能性が、普通の連番よりも高いです。

また普通に連番を20枚、30枚買うと下数桁がかぶる可能性がありますが、縦連は番号がかぶらないので絶対に当たる下1ケタ(一番低い金額)以外にも下2ケタ、下3ケタと当たる可能性が高くなります。

縦バラや縦連以外にも買い方があります。詳しくはジャンボ宝くじの当たるおすすめの買い方は縦バラ!バラ・連番との違いと購入のコツについてをご覧ください。

縁起の良い日に買って当選確率をアップ!

金運アップ

ジャンボ宝くじの発売期間に宝くじ売り場を通ると、「今日は大吉ですよ~」と大きな声で叫ばれている人を見かけたことはありますか?結構大吉に買う人が多いのではないかと思うのですが、その他にも演技が良い日があります。

  • 一粒万倍日いちりゅうまんばいび)
  • 天赦日(てんしゃび)
  • 寅の日(とらのひ)
  • 巳の日(みのひ)
  • 鬼宿日きしゅくにちまたは、きしゅくび)

この中で特におすすめの日が天赦日です。天赦日は日本の暦の上で最上の吉日と言われています。そして巳の日の中でも60日に一度やってくる「己巳(つちのとみ)の日」は巳の日の中でも特に演技の良い日と言われているのでおすすめです。

その他にも新月満月も宝くじ購入に適していると言われています。ですが、ひとつ気をつけたいのが、「不成就日」です。

不成就日とは?

読み方は「ふじょうじゅび」または「ふじょうじゅにち」です。名前の通り、「何もごとも成就されない日」です。何かを始めたり、するには適さない日となります。

不成就日大安一粒万倍日などに重なった場合は、不成就日が優先なりますそのため不成就日の場合は宝くじの購入はおすすめできません。

以上のことを頭に入れて、東京2020協賛ジャンボ宝くじを購入するようにしましょう。

下記の記事は2020年の1月から12月までの宝くじが当たる縁起の良いを紹介しています。ジャンボ宝くじ以外の宝くじでも参考になりますのでぜひご覧ください。

2020年の宝くじの当たる縁起の良い金運・開運日はいつ?一粒万倍日や天赦日、不成就日を理解しよう

東京2020協賛ジャンボ・ミニのおすすめ購入日

東京2020協賛ジャンボ・ミニの発売期間は2020年2月3日(月)~2月28日(金)です。

この期間の中で購入がおすすめの日は

  • 2月3日(月):一粒万倍日
  • 2月4日(火):一粒万倍日・大安・不成就日
  • 2月5日(水)天赦日・寅の日
  • 2月7日(金)鬼宿日
  • 2月8日(巳の日
  • 2月9日(一粒万倍日・満月16:34
  • 2月10日(月):大安
  • 2月16日():一粒万倍日・大安
  • 2月20日(木):巳の日・不成就日
  • 2月21日(金):一粒万倍日
  • 2月22日():大安
  • 2月24日(月):新月0:33
  • 2月27日(木)大安
  • 2月28日(金):一粒万倍日

この購入おすすめ日の中でも特におすすめなのが、5日(水)の「天赦日と寅の日」、9日の「一粒万倍日と満月」、16日の「一粒万倍日・大安」この3日です。

また人気の発売日の3日と最終日の28日も一粒万倍日なので、おすすめの日に買えなかった時に買ってみてはいかがでしょうか。

宝くじ当たる確率の高い売り場は?

高額当選が毎回よく当たることで有名なテレビで紹介される売場は

  • 東が「東京西銀座チャンスセンター」
  • 西が「大阪駅前第4ビル特設売り場」

この2つがとても有名です。

高額当選が毎回何本も出るので特に大安の日には大行列ができたりします。

こんなに待ちたくはないですね(笑)

4時間半は年末ジャンボ宝くじの行列なので、東京2020協賛ジャンボではこれほど並ばないと思いますが、ピークは2時間ほど待つと予想されます。

  • 遠くて買えない
  • 何時間も並びたくない

という人は西銀座チャンスセンターの宝くじの購入代行がおすすめです。

西銀座チャンスセンターの宝くじ購入代行とは?

宝くじの購入代行なんて怪しい!」と思うかもしれませんが、宝くじ購入代行会社の㈱ドリームウェイは「宝くじ購入代行枚数100万枚(3億円)突破」している会社なので、全く怪しくありません。

特に銀座まで買いに行くのに交通費で何千円、何万円かかるという人は手数料を払って購入できるので、直接行って買うより安く、そして時間も短縮できます。

    • 初日や大安、一粒万倍日、最終日に買ってほしい
    • よく当選がでる1番窓口で購入してほしい
    • プレゼント包装をしてほしい
      などの要望にも答えてくれます。

買いに行きたいけど忙しいし、遠くて行けないという方にお勧めです。

実際大安だけでなく、初日や最終日、一粒万倍日などの人気の日には1時間以上並ぶこともありますが、販売代行を使えばその手間も省くことができます。

銀座まで行く交通費や並ぶ時間の手間を考えると販売代行に宝くじを購入してもらうのは、販売手数料を払ったとしても、とてもお得です。縦バラや縦連などを買うのも可能です。

まとめ

2019年最初のジャンボ宝くじであるジャンボ宝くじは昨年までのバレンタインジャンボから東京2020協賛ジャンボに変わりました。

東京2020協賛ジャンボは「1等2億円で前後賞合わせて3億円」、東京2020協賛ミニは「1等2千万円で前後賞合わせて3千万円」で、1等の当選確率が高いのはミニです。3千万円で十分という人はミニをおすすめします。

おすすめの購入方法は「縦バラ」または「縦連」ですが、最終日に近づくと買えない場合があるので、できるだけ最初の方に購入するようにしてください。

おすすめの宝くじ購入日は

  • 2月5日(水)「天赦日と寅の日
  • 2月9日(日)「一粒万倍日と満月
  • 2月16日(日)の「一粒万倍日・大安

この3日です。もちろんジャンボ宝くじだけでなく、ロトBIGtotoスクラッチナンバーズなど、さまざまな宝くじを買う場合もおすすめです。

そして宝くじが当たる売場で有名なのが「西銀座チャンスセンターの1番窓口」です。かなり人気があるので、遠かったり、並びたくない人はジャンボ宝くじの販売代行を利用しましょう。

ぜひ今年最初のジャンボで大金をゲットしてくださいね。

関連記事

サッカーくじのtotoBIGの種類と当選確率がアップする方法!おすすめの購入時期と場所は?