サッカーくじのBIGは自分で勝敗を選ぶtotoと違い、コンピューターがランダムで選ぶので、サッカーに詳しくない方も気軽に購入できます。

ただ自分で選べないならば「当選確率が低いでしょ?」と思うかもしれませんが、実は「ジャンボ宝くじの1等」よりも当選確率が高いということをご存知でしたか?

そんなtotoBIGの種類と当選確率、そして当選確率がアップする購入時期と場所を紹介します。

totoBIGの種類と当選確率は?

totoとはスポーツ振興くじのことでBIGtotoの種類の中の一つとなります。totoBIGには4つの種類があるので、まずはそれぞれの特徴を把握しましょう。

①BIGの特徴と当選確率

指定された14試合の勝敗(引き分けを含む)を全部当てると1等が最高で3億円。キャリーオーバーで6億円の時が多く、年に数度ある記念開催の時に10億円になることもあるクジです。1枚300円で1等の当選確率は約478万分の1です。コンピューターが自動で番号を選びます。

  • 2等:1試合ハズレ「当選金額平均250万円」当選確率は約17万分の1
  • 3等:2試合ハズレ「平均4万円」当選確率は約1万3千分の1
  • 4等:3試合ハズレ「平均1万円」当選確率は約1643分の1
  • 5等:4試合ハズレ「平均1800円」当選確率は約299分の1
  • 6等:5試合ハズレ「平均555円」当選確率は約75分の1

②100円BIGの特徴と当選確率

指定された14試合の勝敗(引き分けを含む)を全部当てると1等の金額は通常で1億円、キャリーオーバーすれば2億円になります。1枚100円で1等の当選確率はBIGと同じ約478万分の1です。こちらもコンピューターが自動で番号を選びます。

  • 2等:1試合ハズレ「当選金額平均80万円」当選確率は約17万分の1
  • 3等:2試合ハズレ「平均2万5千円」当選確率は約1万3千分の1
  • 4等:3試合ハズレ「平均3,000円」当選確率は約1643分の1
  • 5等:4試合ハズレ「平均900円」当選確率は約299分の1

通常の「BIG」と比べると1~5位まで当選確率は同じです。となると当選金額が高い「BIG」の方が良いと思うかもしれません。ですが「100円BIG」は文字通り1枚100円ですから、「BIG」と同じ金額の分を購入する場合3倍多く買えるということは当選確率が高くなるということです。

また「100円BIG」は5試合ハズレの6等はありません。

③BIG1000の特徴と当選確率

指定された11試合の勝敗(引き分けを含む)を全部当てると1等が約1,000万円もらえます。1枚200円で1等の確率は約17万分の1です。同じくコンピューターが自動で番号を選びます。

  • 2等:1試合ハズレ「当選金額平均12万円」当選確率は約8052分の1
  • 3等:2試合ハズレ「当選金額平均1万円」当選確率は約805分の1
  • 4等:3試合ハズレ「当選金額平均1,000円」当選確率は約134分の1

④mini-BIGの特徴と当選確率

指定された9試合の勝敗(引き分けを含む)を全部当てると1等が約100万円です。1枚200円で1等の確率は19683分の1です。同じくコンピューターが自動で番号を選びます。

  • 2等:1試合ハズレ「当選金額平均2万円」当選確率は約1094分の1
  • 3等:2試合ハズレ「当選金額平均4,000円」当選確率は約137分の1

totoの特徴と当選確率

指定された13試合の勝敗(引き分けを含む)を全部当てると1等が通常1億円でコンピュータで自動で選ぶことができますし、自分で全部あるいは一部を選ぶこともできます。1枚100円です。自分で予想した場合には当選確率は計算できませんが、ランダムに選んだ場合の当選確率は約159万分の1です。

「サッカー好きなので自分で選んだほうが良い」と思うかもしれません。ですが自分で選ぶことができるということは順当な結果だと1等賞金が少なくなり、番狂わせが多いと高額賞金、あるいはキャリーオーバーになってしまいます。1等が1億円ではありますが、1,000万円程度のことも多いクジです。

他にmini-totoやtotoGOAL3がありますがサッカーが詳しくない方、宝くじが好きで高額当選を狙っている方はBIGがおすすめです。

では他の宝くじの当選確率はどうでしょうか?

ジャンボ宝くじやロト7、ロト6との当選確率の比較

高額当選と言えばジャンボ宝くじですが、1等の当選確率はなんと1,000万分の1です。ただし、年末ジャンボ宝くじだけでは1等前後賞の金額が10億点と高いものの、当選確率が2,000万分の1まで落ちてしまいます。

他にはロト7(キャリー無しで1等4億円)ロト6(キャリー無しで1等2億円)も高額当選が期待できますが

  • ロト7の1等当選確率は約1,030万分の1
  • ロト6の1等当選確率は約600万分の1

とかなり低い数字ですね。

totoBIGの1等478万分の1と比べると分が悪いです。つまり「一番高額当選する確率が高いのはBIGなのです。」

 

totoBIGの当選確率が上がる方法

BIGはコンピュータ任せなので当選確率はアップしないと思う方が多いと思いますが、天候次第で当選確率がアップする場合があります。それは大雪や台風の影響で試合が中止になる場合です。

天候悪化ややむを得ない事情で中心になった場合の対象試合は全て「当たり」の扱いになります。また、試合中止が発表された後でも購入は購入期限までであれば大丈夫です。

購入期限
Jリーグの場合は最初の指定試合開始10分前まで
Jリーグ以外の場合は販売最終日の19:00までです。

そして購入しても指定試合は変更にならないので確実に当選確率がアップします。ただし5試合中止になるとBIGは不成立になります。

ですが「当選確率がアップする」ということは「当選者が複数出る可能性も高い」です。totoBIGは購入した金額を分配する方式なので、当選者が増えると当選金額が減る可能性があります。

とはいえ、絶対に当選金額が減るのではなく、可能性があるというのは2014年に1試合中止になった時にBIGで1等が3口出ましたが、キャリーオーバーのおかげで金額が減ることなく全員に6億円が当たりました。状況によっては満額の6億円の可能性もあるのです!

totoBIGを購入するならネットがおすすめ

BIGはネットでも、宝くじ売場やコンビニでも購入できますが、一番おすすめはネット販売です。実際totoBIGの購入はネットが一番多いのですが

楽天toto」と「Club toto」でBIGを購入することができます。「楽天toto」のおすすめポイントは「1等6億円の当選本数が2013年~2018年まで6年連続で日本一だったことです。また、楽天カードを利用して購入すると楽天ポイントも付くのがうれしいですね。

現金購入ではポイントをためることはできませんが、楽天totoであれば可能ですし、JCBカードも使用できます。そして当選した場合も楽天totoの履歴画面で確認できますし、当選した場合も何もする必要がなく自動で振り込まれます。

またBIGのヘビーユーザーであれば、買い忘れ防止機能がついていて、自動購入もできるサービスもあります。登録は無料なので是非興味ある方はいかがでしょうか?

 

 

そして楽天カードがない人には「Club toto」がおすすめです。こちらは独立行政法人日本スポーツ振興センターの会員プログラムです。こちらもクレジットカードで購入できるのでカードのポイントがたまるのはもちろんのこと、Club totoポイントプログラムがあり

  • レギュラー
  • シルバ―
  • ゴールド
  • プラチナ

と別れていてランクに応じてさまざまな特典があります。

抽選で豪華景品が当選したり、ランクにより必ずもらえる賞品もあります。試合開始10分前まで購入可能なのでギリギリまで迷った時にもすぐに購入できるのがうれしいですね。

まとめ

totoBIGのCMが頻繁に流れているので認知度は高いですが宝くじには興味あってもサッカーは良くわからないからという理由で今までやったことがない方も多いのではないでしょうか?

ただジャンボ宝くじなど他の高額宝くじよりも当選確率は高いですし、サッカーに興味なくても普通の宝くじを買う感覚で購入できるので、ジャンボ宝くじなどをよく買う方におすすめです。

当選確率がアップする悪天候だけでなくても是非購入してみてください。6億円が毎週当たるチャンスがあるので毎週夢を見ることができますよ。

コンビニでも購入できますが、おすすめはポイントが付くクレジットカードで購入できる楽天totoとClub totoです。

楽天totoの入会はこちらから

Club totoの入会はこちらから

ジャンボ宝くじやロト6などより高いBIGを購入して夢を見ましょう!