冬になるといちごのシーズンですね。

果物の中でもいちごの食べ放題である「いちご狩り」はどこも人気がありますが、神奈川県にも人気のいちご狩りができる農園がたくさんあります。

今回は

  • 平塚
  • 伊勢原
  • 秦野
  • 横須賀
  • 厚木・海老名
  • 横浜

といった人気のいちご園を地域別に紹介します。

目次から行きたい地域を選んでください。

平塚の人気のおすすめいちご農園

すぎやまいちご園

すぎやまいちご園

いちごの種類が豊富で

  • レッドパール
  • さちのか
  • やよいひめ
  • 桃薫(とうくん)
  • アスカルビー
  • おいCベリー
  • もういっこ
  • よつぼし

これらのほかに2019年は新品種「しずくっこ」を栽培する予定だそうです。

ハウス内のイチゴは高設栽培なのでしゃがみっぱなしで腰を痛めることがなく、立ったままイチゴ狩りが楽しめます。

通路も広めに確保されているのでベビーカーや車椅子でもイチゴ狩りができるのが安心ですね。

そしてすぎやまいちご園は2,400㎡の全天候型大型ハウスでかなり大きい施設です。

小さないちご農園ではあっという間になくなることもありますが、すぎやまいちご園ではそういうことが比較的少ないです。

ただ大きな団体予約が入っていたり、時期によってはお客さんが集中することがあります。

また、休みは不定期なので必ず電話で問い合わせしてから出かけください。

以前はペット同伴可能でしたが現在はダメになりました。

住所

平塚市小鍋島1172

期間】1月上旬~5月中旬

営業時間】10~15時

食べ放題内容

  • 30分食べ放題
  • ミルクのおかわり自由

お問い合わせ

TEL:0463-55-0265

ホームページはこちら 

料金(こちらは2018年の料金です)

期間 大人1名(小学生以上) 1名(2歳~幼稚園児まで)
1月2日~1月6日 1,800円 1000円
1月7日~1月31日 1,700円 900円
2月1日~2月28日 1,700円 900円
3月1日~4月7日 1,700円 900円
4月8日~5月6日 1,200円 700円
5月7日~5月20日 700円 500円

湘南いちご狩りセンター

湘南いちご狩りセンター

湘南地域最大いちご狩り農園です。

5つの農園で構成されていて、その日いちごの生育が一番良いハウスを案内してくれます。

イチゴの種類は

  • さちのか
  • 紅ほっぺ
  • とちおとめ
  • やよいひめ
  • おいCベリー

全5種類で農園によって食べられるイチゴの種類が違います。

こちらは予約優先になっていますので平日であればそれ程混雑なく食べられると思いますが、土日祝日は予約して確実に食べられるようにしましょう。

住所

平塚市寺田縄424-1

期間】1月上旬~4月下旬

定休日】水曜日

営業時間】10~15時

駐車場】450台

食べ放題内容

  • 30分食べ放題
  • 練乳のおかわり自由

お問い合わせ

TEL: 090-6709-4051 (受付時間:午前9時~午後3時)

ホームページはこちら

【料金】
  • 1月5日~4月8日
    小学生以上:1600円
    2歳~就学前:900円
  • 4月9日~4月30日
    小学生以上:1200円
    2歳~就学前:700円

おおぱぱの苺や

おおぱぱの苺や

おおぱぱの苺や」の栽培方法は県内唯一の水耕栽培高設土耕栽培でしたが、2018年から水耕式栽培も高設土耕式栽培に改装しました。(下水の変化や地震によるものだそうです)

立体式なので立ったままいちごのつかみ取りができます。

そしてこの農園は設備がとてもキレイで、水洗トイレが完備しているのはもちろん、イチゴ農園にしては珍しく化粧室も用意されています。

品種は

  • あきひめ
  • さちのか
  • 女峰
  • 紅ほっぺ
  • やよいひめ

と種類も豊富です。

月・水・金祝日は営業)予約は必須です。

例年12月の末にスタートします。

住所

神奈川県平塚市根坂間124番地

期間

1月上旬~5月上旬

定休日

月・水・金祝日は営業)

営業時間】10~14時まで

完全予約制です。

食べ放題内容

  • 30分食べ放題

お問い合わせ

ホームページはこちら

【料金】
  • 3月18日まで
    小学生以上1,700円、幼児(2歳以上)1,300円
  • 3月19日~閉園まで(6月下旬)
    小学生以上1,500円、幼児(2歳以上)1,000円
  • 持ち帰り料金 100g 200円

内海園芸

内海園芸

内海園芸のイチゴは2013年に「神奈川県知事賞」を受賞するなど、品質が良く他の生産者からも注目を集めています。

種類は

  • さちのか
  • 紅ほっぺ
  • おいCベリー

3種類です

営業期間は毎年1月から5月上旬までです。

また休日が不定期なので電話で確認と予約は必須です。

必ず確認してからお出掛けください。

住所

平塚市北豊田712

期間

12月末(または1月初旬)~6月末

定休日

不定休

営業時間】10時~

予約優先となります。

食べ放題内容

  • 30分食べ放題
  • ミルク付き

お問い合わせ

ホームページはこちら

【料金】
  • 1月~2月28日まで 小学生:1700円、2歳~未就学児:900円
  • 3月1日~4月14日 小学生:1600円、2歳~未就学児:800円
  • 4月15日~5月上旬 小学生:1200円、2歳~未就学児:700円

伊勢原の人気のおすすめイチゴ農園

川島いちご園

川島いちご園

伊勢原地区で人気がある川島いちご園です。

  • 有機肥料100%
  • 減農薬栽培

といった特徴があり、イチゴで旨味、香りが強く、甘さもたっぷりです。

(いちごを農薬減らして育てるのは難しいと言われています)

高設栽培と土耕栽培で品種が変わり、

高設栽培:紅ほっぺ、おいCベリー、レッドパール
土耕栽培:とちおとめ、さちのか

に別れています。

こちらは当日の生育状況によって、イチゴ狩りができる場所が決まりますので注意してください。

住所

伊勢原市小稲葉969

期間

1月中旬~5月下旬

定休日

例年3月15日までは平日は休み

3月16日以降は不定休

予約なしでも入園できますが、開園しているか確認してから出かけましょう。

営業時間】10時~いちごがなくなるまで

食べ放題内容

  • 30分食べ放題

お問い合わせ

TEL:0463-95-1877

るるぶの川島いちご園のページはこちら

【料金】

基本料金1月~4月上旬は1,700円

土耕栽培のイチゴはイチゴ狩り料金が100円引になります。

秦野の人気のおすすめイチゴ農園

秦野地区は水がキレイで自然に囲まれているので最高の環境でイチゴ栽培がされています。

かたのいちご園

かたのいちご園

かたのいちご園は2012年にオープンした比較的新しいイチゴ農園です。

こちらの特徴は種類が豊富にあり、

  • おいCベリー
  • やよいひめ
  • 紅ほっぺ
  • さちのか
  • 桃薫
  • あすかルビー
  • レッドパール
  • よつぼし
  • あまおとめ
  • とちおとめ

10種類のイチゴが楽しめます。

※状況により品種が限られる場合があります。

高設土耕栽培なので立ったままでイチゴ狩りが楽しめ、通路も広くベビーカーや車椅子でも安心して利用できます。

ズームイン‼サタデー」や「ぶらり途中下車の旅」などの番組でも紹介されています。

住所

秦野市戸川1063

期間

1月上旬~5月GW過ぎたくらいまで

定休日

不定休

土日祝に関しては予約が必須

営業時間

10時~15時(いちごがなくなり次第終了)

食べ放題内容

  • 30分食べ放題
  • ミルク無料(おかわり自由)

お問い合わせ

TEL:090-8114-2082

ホームページはこちら

料金

期間 料金
(2歳~)
1月6日~4月8日
1800円
4月9日~GW
1200円
GW後~閉園
700円

ファームスクエア丹沢の森

ファームスクエア丹沢の森

全国名水百選でもある秦野の名水を使用し自然豊かな環境で育てているファームスクエア丹沢の森のイチゴはとても美味しいと評判です。

施設は高設栽培なので立ったままイチゴを摘むことができ、車椅子やベビーカーでも安心です。

種類は

  • おいCベリー
  • 紅ほっぺ
  • あきひめ
  • かおり野
  • よつぼし
  • やよい姫

全6種類です。

またいちごの成長に好影響を与えると言われているクラシック音楽を流しながら生育しているという特徴もあり、おいしいいちごを食べることができます。

もちろんイチゴ狩りの際も美しい音楽を聴ききながら食べることができますよ。

住所

秦野市堀西1328

期間

1月上旬~5月下旬

定休日

不定休

営業時間

9時半~(いちごがなくなり次第終了)

予約のお客様が優先です。

予約していない場合は12時からの案内になるので、できるだけ予約をしてから行くようにしましょう。

食べ放題内容

  • 30分食べ放題
  • コンデンスミルク無料(おかわり自由)

お問い合わせ

TEL:080-2098-4452

ホームページはこちらから

料金】(2018年の料金です)

期間 幼児 (3才~就学前児童) 一般(小学生以上)
オープン~2月28日 1,000円 1,800円
3月1日~4月9日 900円 1,700円
4月10日~5月7日 800円 1,300円
5/8~閉園(5月下旬) 500円 800円

横須賀市の人気いちご農園

いちごはうす嘉山農園

いちごはうす嘉山農園

いちごはうす嘉山農園は神奈川県内ではもちろんのこと、関東でも1,2位を争うほどの人気のいちご農園です。

実際に有名洋菓子店のパティシエが指名買いするほどの絶品のいちごです。

いちごの特徴は甘味と酸味のバランスが良くてコクがある絶妙な味で、いくつでも食べることができます。

また一緒に販売しているいちご大福も絶品です。

嘉山農園のいちご大福はいちごがみずみずしく、そして中の白あんとのバランスが本当に良くて何個でも食べたくなります。

予約は必須ですので、事前に連絡してからお出掛けください。

品種
紅ほっぺ、とちおとめ

住所

横須賀市長井1-12-28

【アクセス】
電車とバスを利用

京浜急行三崎口駅から東急バス

  • 横須賀駅行き
  • 市民病院行き
  • 長井行き
  • 荒崎行き

いずれかに乗り約10分
小根岸下車徒歩3分

車の場合

横浜横須賀道路衣笠ICから
三浦縦貫道路林ICへ
国道134号を三崎方面へ約2分

駐車場

30台

期間

1月上旬~6月上旬

定休日

不定休

営業時間

10:00~無くなり次第終了(最終受付16:00)

予約必須

食べ放題内容

  • 30分食べ放題
  • 練乳付き

お問い合わせ

TEL:090-3237-1583

いちごはうす嘉山農園参考サイト〔ウォーカープラス)

料金】(2018年の料金です)

期間 3歳以上 2歳以下
1月上旬~2月28日 1700円 500円
3月1日~31日 1600円 500円
4月1日~5月8日 1300円 500円
5月9日~31日 1000円 500円
6月1日~閉園 800円 500円

いちごはうす西脇

いちごはうす西脇

こちらも横須賀では人気のいちご農園です。

当日のイチゴの状況により、

  • 紅ほっぺ
  • さちのか
  • とちおとめ

3種類のどれかを食べることができます。

いちごはうす西脇では減農薬のいちごや腰を下ろす必要の無い高設栽培も行っていて、どれもみずみすしくおいしいいちごを食べられます。

直売所では採れたての新鮮野菜の販売やイチゴのジャムなども購入できますよ。

多くのイチゴ農園は駅から遠い所が多く、バスに乗るか車で行くしかないです。

ですが、いちごはうす西脇は京急長沢駅から徒歩10分程度と歩いて行けるのがうれしいですね。

また車椅子も利用できます。

期間は6月上旬までやっていて、2017年からは予約優先となりました。

予約無しでも可能ですが、いちごの状況により、いちご狩りができない場合もあるので予約してから行くのがおすすめです。

品種

  • 紅ほっぺ
  • よつぼし
  • おいCベリー

住所

横須賀市津久井5-6-4

期間

1月上旬~5月下旬

定休日

個人の方の予約は(土)(日)(祝・祭日)の開園分のみ可能です。

月曜日の13時より、その週火曜日以降の祝祭日と、土・日曜日の予約を受付します。
(月曜日が祝祭日の場合は火曜日の13時からとなります。)

・いちご狩り開始時間は9時30分、11時、13時です。

当日の受付は各時間の30分前からです。
(駐車場は予約時間の30分前から利用できます。)

営業時間

9:00~無くなり次第終了

予約必須

食べ放題内容

  • 30分食べ放題
  • 練乳付き

お問い合わせ

TEL:090-3476-2548
   090-3133-2548

いちごはうす西脇ホームページはこちらから

【料金】

1月上旬~2月28日

小学生以上1700円、小人(3歳~未就学児童)1300円、2歳500円

3月1日~4月5日

大人(小学生以上)1700円、小人(3歳~未就学児童)1300円、2歳500円

4月6日~5月5日

大人(小学生以上)1300円、小人(3歳~未就学児童)900円、2歳500円

5月6日〜 大人(小学生以上)1100円、小人(3歳~未就学児童)500円、2歳500円

海老名市・厚木市の人気のいちご農園

ストロベリーハウス

ストロベリーハウス

元々海老名は戦前からのイチゴの産地で全国の中でも比較的初期の頃からイチゴ栽培をしていた地域です。

海老名市ととなりの厚木市にいちご狩りができる農園は10個程ありますがその中でも一番人気は「ストロベリーハウス」です。

イチゴの種類は

  • 「あきひめ」
  • 「紅ほっぺ」
  • 「やよいひめ」
  • 「おいCベリー」

などがあり、高設栽培なので立ったままイチゴ狩りが楽しめます。

園内の通路がとても広々としているためベビーカーや車いすでも入園可能です。

住所

海老名市中河内1120

期間

1月上旬~6月中旬

【営業

個人の方は(土)(日)(祝・祭日)のみ入園可能です。

営業時間

開園時間は10時からですが、個人での予約ができなく、先着順で7:30から受付開始、定員になり次第終了です。

開園時間ギリギリですと入れない可能性があるので、なるべく早く到着するようにしましょう。

食べ放題内容

  • 30分食べ放題

お問い合わせ

TEL:046-238-2750

ストロベリーハウスの入園料やアクセスはこちらのウォーカープラスを参照ください

料金】(2018年の料金です)

期間 大人 3歳~小学生
1月上旬~3月31日 1700円 1300円
4月1日~5月7日 1200円 1000円
5月13日~閉園 1000円 800円

2歳以下無料

わだいちご園

わだいちご園

 

厚木市で人気のわだいちご園です。

神奈川地区で最初にイチゴ狩りを始めた農園の一つで、農薬を使わない栽培は神奈川県知事から「エコファーム認定」を受けています。

また、富士山を望む最高のローテーションでいちご狩りを堪能できます。

靴が汚れないようにという配慮からビニールシートで覆われていたり、ハウス内にゴザ敷の休憩所で無料のお茶のサービスもあります。

品種

  • トヨヒメ
  • おいCベリー
  • 紅ほっぺ

などがありますが、主に育てているのはトヨヒメです。

トヨヒメは大きい粒が特徴でつみやすくとても甘くて美味しいです。

関東ではほとんど栽培していない希少な品種です。

住所

平塚市大神216-1番地

※場所は以前と変わりませんが
住所が厚木市から平塚市に変更になりました

期間

1月中旬~5月上旬まで

定休日

不定休

基本は平日も営業をしていますが、毎週金曜日は当日の朝7時頃に開園か休園か決まります。

※必ず来園前に電話確認しましょう。

営業時間

9:30~イチゴが無くなり次第終了

毎週水曜日・木曜日は午前中のみ開園となります。

火・水・木曜日の午前中のみ予約可能です。

電話予約は8時~

土日は先着順で整理券は7時30分頃より配布致します。

食べ放題内容

  • 30分食べ放題

お問い合わせ

TEL:046-229-3415

ホームページはこちらから

料金

  • 大人¥1800
  • 子供¥900(4歳まで)

横浜市のイチゴ狩りができる農園

徳江いちご農園

徳江いちご農園

青葉区にあるいちご農園で東名高速道路青葉ICから1.5㎞と車で行くのにとても便利です。

ここの特徴は高設栽培なので腰に負担がかからず立ったままイチゴ狩りが楽しめます。

また、減農薬でいちごを育てているので子どもも安心して食べることができます。

品種

  • 紅ほっぺ
  • さちのか
  • あきひめ
  • あすかルビー

住所

青葉区下谷本町15-8

期間

1月中旬~5月下旬まで

営業日

日・祝日

営業時間

10~15:00(無くなり次第終了)
(受付は9:45~)

予約が可能なので是非電話やブログで確認してから
お出掛けしてください。

食べ放題内容

  • 30分食べ放題

お問い合わせ

TEL:080-6789-7356

ホームページ(ブログ)はこちら

料金
期間
大人1名(小学生以上)
1名(二歳~幼稚園児まで)
1/上旬~4/8
2,000円
1,000円
4/9~5/6
1,800円
900円
5/7~
1,400円
700円

ゆめが丘農園

ゆめが丘農園

こちらは泉区にあるイチゴ農園です。

  • 相鉄いずみの線ゆめが丘駅より徒歩7分
  • 地下鉄下飯田駅より徒歩9分

と駅から歩いて行ける距離にあるのがうれしいですね。

【品種】

  • 紅ほっぺ
  • あきひめ
  • さちのか
  • おいCベリー

このうちいちご狩りは2種類になります。(選択不可)

住所

横浜市泉区上飯田町281番地

期間

1月上旬~5月中旬まで

営業日

日・祝日

予約は可能なのでこちらも予約してから出掛けましょう。

営業時間

10~15:00(無くなり次第終了)

食べ放題内容

  • 30分食べ放題

お問い合わせ

TEL:090-2239-5433

ホームページはこちらから

料金
期間
大人1名(小学生以上)
(3歳~幼稚園児まで)
1,2月
2,000円
1,000円
3月
1,800円
900円
4月~GWまで
1,500円
750円

3歳未満は無料

まとめ

いちご狩りの料金は1,2月が高くて、だんだんと安くなるのは、それだけ早い時期の方が大きくておいしいいちごを食べられるからです。

できれば1、2月中に行くことをおすすめします。

またいちご狩りの時期はとても寒いですが、いちご農園のビニールハウスの中はとても暖かいです。

寒暖の差が激しいので脱ぎやすい洋服を着て行くことをおすすめします。

いちごは抗酸化成分のアントシアニンなどが含まれていて、美容にも健康にも良い食べ物です。

また他の果物よりも太りにくい(GI値が低い)という点でもおすすめですが、食べ放題なので、お腹を壊さないようにしてくださいね。