オートD-BAC

LUC888のオートベットシステムと言えばフィフティーズハッカー(fifties hacker)ですが、

・「最初は良くても結局マイナスになる
・「どのロジック、ベットパターンでやってもバーストしてしまう

という人が多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、「絶対に負けない・バーストしないオートベットシステム」というのがあり、それが「オートD-BAC」です。

オートD-BACとは?絶対に負けないって本当?

最近LUC888を知った人はわからないかもしれませんが、バーストしないオートベットシステムは「RAY9」や「ナチュラル8」など名前は違うものの、同じシステムが販売されていました。(現在は販売終了しています)

オートD-BACを簡単に説明するとオートベットシステムに運用資金の100万GC(約10万円)を入れて稼働させて自動でベットを繰り返し、目標のGC(最大で200万GC)になると稼働がストップしてGCが増えた分を売却して現金や仮想通貨を手に入れることができます。

目標値を200万GCにした場合は運用資金の100万GCを引いた100万GCを売却することが可能です。

絶対に負けない、バーストしない」というのは、必ず勝つロジックベットパターンがあるわけではありません。万が一負けが続いてゲームチップ(GC)が無くなって(バーストして)しまっても、

「バーストガード」というバーストした際の補てん機能があるので、月に何回負けても、バーストしても目標のGCになるまで補てんされます。そのため絶対にマイナスになることがありません。

初めて知る人は「そんな上手い話があるのか?」と思うかもしれませんが、実際にRAY9ナチュラル8は昨年の11月ごろに発売され、私もRAY9を3台持っていますが、実際に順調に推移してます。

オートD-BACの月利はどれくらい?

先程も説明しましたようにRAY9ナチュラル8、オートD-BACも名前が違うだけで同じシステムです。検索でRAY9などについて書いているブログなどを見ると月利60%とか書いてありますが、現在はそれほどは利益は出ません。

1台に100万GC(約10万円)必要なのですが、現在(2020年9月)は月利25%位です。私はRAY9を3台稼働させていますが、1日1台あたり平均で8,000GC(約800円)ほどです。D-BACと合わせて4台なので、現在は4台合計で1日32,000GC(約3,200円)位です。

月利60%ではありませんが25%でも十分に大きい金額だと思います。

オートD-BACにかかる初期費用と月額費用

では実際にオートD-BACをスタートするのにどれくらいかかるのかというと、まずRCC(ロイヤルカスタマーズクラブ)会員になる必要があります。

RCCとは?

バカラの必勝ロジックを搭載したリアルタイム計算機【D-BAC】を活用した資産形成を始め、他にはない福利厚生サービスや様々な資産運用への参加資格を有した「G2AP」の第一段階にあたる新時代のMLM会員組織です。

D-BACシステム代金
初回のみ62760円D-BACのシステム使用料49800円+D-BACの翌月分の月額利用料12960円
●オートD-BACの運用予算
一律100万GC(約10万円)
●バーストガードチケット1枚
10万GC(1万円)
●アクセスキー
1本12000円(初回のみ)
1台の合計は18万4760円です。
このうち、運用予算の100万GC(約10万円)は預り金みたいなものなのです。稼働をストップすれば引き出すことができるので、最終的には100万GC 分は戻ってきます。
初回の費用が高く感じるかもしれませんが、RAY9などと比べると安いです。RAY9はシステム使用料が10万円で、バーストガードチケットが13万GC(約1万3千円)だったので、運用予算の100万GCを含めると1台につき21万3千円必要でした。
これだとD-BACの方が安いですね。さらにRCCMLM会員組織なので、もし2台目を購入する(ポジションを追加する)場合、自分で自分を紹介することになるので、紹介報酬の25,000円が支払われます。(末締めの翌月末払い)
つまり2台目以降のシステム代金は実質62,760円-25,000円=37,760円になります。
※運用予算の100万GC(約10万円)は別途必要です
もちろん、自分だけでなく、他の人に紹介できれば1アカウントで25,000円が報酬として支払われるので、紹介活動に力を入れても問題ありません。
自分で自分を紹介するシステムはRAY9などでは無かったので、初期費用は断然オートD-BACの方が少ないです。これだとオートD-BACの方が良いのですが、これまで私はずっとオートD-BACをやることをちゅうちょしていました。それが月額使用料です。

D-BACの月額使用料

初期費用はRAY9などと比べるとオートD-BACの方が少ないのですが、今まで私がやらなかったのは月額使用料(約13,000円)があったからです。
以前は100万GCでスタートさせてから、160万GCになると稼働がストップしてGCを売却することができました。160万GCになるまでに2~3か月かかるので、仮に3カ月かかったとすると、
60万GC(利益約6万円)-月額使用料3か月分(3万9千円)-1万円(バーストカードチケット)-1万2千円(アクセスキー)=-1,000円
と初回は利益が出ませんでした。アクセスキーは初回だけですが、2回目からようやく利益となると、それまで半年くらいかかります。
ただ現在は設定を160万GCでなく、200万GCにまで上げることができたのと、月額使用料に関しても入会月は無料翌月分は初期費用に含まれています。通常ですと、3ヶ月目、4ヶ月目も月額使用料が必要になりますが、これを支払わないで済む方法があります。
詳しくはここでは支払わなくて済む方法を書きませんが、RCCが禁止していることや裏技的なことではありません。
そうなると200万GCで稼働をストップさせた場合の収益(期間約4ヶ月)は
100万GC(利益約10万円)-月額使用料1か月分(約1万3千円)-1万円(バーストカードチケット)-1万2千円(アクセスキー)=利益約6万5千円
と大幅に利益が出るようになりました。そのため、今までは月額使用料がネックになってやらないままでいましたが、それが解決してようやく購入することに決めました。
月額使用料が支払わなくて良い方法と1つだけ注意点がありますが、その詳細についてはD-BACに興味がある方にお伝えしますので、LINEか下記の問い合わせ先から連絡ください。

オートD-BACの問題点

オートD-BACの初期費用の中にアクセスキーが含まれていますが、稼働させるためにはアクセスキーが必要なものの在庫がなくなり次第終了となります。
実際に「在庫が少なくなる!」と紹介して、いつまで経っても在庫が残っていることがありますが(笑)、本当に数は少なくなっているようです。
そのため、「オートD-BACを申し込みしたい」という人はこちらで在庫確認してからになります。

まとめ

オートD-BACの特徴

  • 目標のGCに到達するまで、何度バーストしても復活絶対負けないバカラ
  • 初期費用RAY9などより安く、2台目から自分で自分を紹介すれば翌月末に1台に付き25,000円が振り込まれるので、さらに初期費用が安くなる。もちろん、たくさん紹介することによって、さらに稼ぐこともできる
  • 毎月支払いが必要な月額使用料が1回の支払いだけで済む方法がある
  • アクセスキーが無くなり次第終了

 

今はRAY9が3台とオートD-BAC1台の合計4台稼働していますが、1台はおよそ4か月で100万GC増えているので、毎月約10万が毎月入るようになりました。
注文される方や興味がある方も一度お問い合わせください。アクセスキーの在庫確認や月額使用料について案内してから販売いたします。申し込み方法や設定方法でわからない所がある場合はこちらでサポートいたします。
フィフティーズハッカーで思うような利益が出ない方、安定してコツコツ稼ぎたい方など、オートD-BACに興味がありましたらまずは連絡お待ちしています。