今InstaFxCopyが話題となっています。

簡単にいうと、プロのトレーダーに仮想通貨・株などの投資運用を委託するファンドです。

初めて登録する場合は結構戸惑いますし、運用当初と比べると少しやり方が違っています。

またKYC(本人確認義務)が他とやり方が違いますので、そのポイントなどを紹介します。

InstaFxCopyの登録はこちらから

関連記事

InstaFxCopyとは?その評判や日利2~5%って本当?その特徴と基本情報について

おすすめ案件

ANGELIUM WALLET(エンジェリウムウオレット)とは?その将来性や評判と詐欺の可能性について!

InstaFXCopyの投資条件

仮想通貨などを運用しているプロトレーダーを選んで、その利益の一部が配当されます。

【①運用コースとMAXの日利】

運用のコースがいくつかあり、それによって配当のMAXが2~5%と言われていますが、実際は1%前後のことが多いです。

  • ADVANCED(仮想通貨):MAX2%
  • ELITE(FX):MAX3%
  • EXSTREME(株式)MAX4%
  • SUPREME(商品CFD)MAX5%

仮想通貨は毎日運用されるので配当が毎日ありますが、他のコースは月~金までの運用ですので土日の配当ありません。

【②最低投資金額】

コースごとに最低投資金額が違います。

  • ADVANCED(仮想通貨):250ドル~
  • ELITE(FX):1,000ドル~
  • EXSTREME(株式):3,000ドル~
  • SUPREME(商品CFD):5,000ドル~

投資金額があまりない、InstaFXCopyがまだ信用できない(笑)という人は仮想通貨で運用しましょう。

実際他よりも配当(利益率)が低いですが、他よりも週2日運用が多いので月に換算するとされ程差はないと思います。(まだ運用が始まったばかりなので今のところはですが)

どんなプロのトレーダーでもマイナスになる可能性がありますが、InstaFxCopyでは損失が出た場合は、プラン事に決められた割合で損失を減らす仕組みがあります。

InstaFxCopyは5月下旬からスタートして、私は6月3日から始めていますが今のところ(6月18日現在)、配当がマイナスになった日はありません。

InstaFxCopy登録方法

InstaFxCopyにアクセスします。

登録はこちら

①名前(ハンドルネームでもOK)

②メールアドレス

③日本(Japan)を選択

④電話番号

日本は81番なので、「∔81」を選択。

そして電話番号は最初のを抜いた数字を入力します。

たとえば090-1234-5678という番号でしたら最初の0を取り除いて「9012345678」と入力します。

⑤パスワードを入力(英数字合わせて6語以上)

⑥ ⑤のパスワードをもう一度入力

⑦左側の🔲にチェック☑を入れる

⑧左側の🔲にチェック☑を入れる

⑨「Open  Real  Account」を押す

次に入力したメールアドレスにメールが届きます。

CONFIRM  EMAIL」をクリックします。

これでアカウントの開設は終了です。

InstaFxCopyの登録はこちらから

KYCの申請方法!審査に落ちないためのポイント

KYC(本人確認義務)をしなくても運用はスタートできますが、出金ができないのとIFCトークンが購入できません。

トークンは購入しなくても構いませんが、出金ができないと利益が出ても意味がないので、運用の前に承認されるようにしましょう。

 

画面の右上の人のマークの部分をクリックすると「アカウントの設定」という文字が表示されるので、そこをクリックします。

私は既に承認されていますが、KYCがまだの場合は検証ステータスが「あなたのアカウントは確認されていません」と表示されるのでクリックします。

すると写真をアップロードする部分が表示されるので、その部分をクリックします。

写真は免許証かパスポートで申請するのですが、どちらで送っても承認されませんでした。

どうしてダメなのか原因がわからず、途方に暮れてしまいましたが、色々と調べるとセルフィー画像を送る必要があるとわかり、今度は免許証とパスポートをそれぞれ持って送ったのですが、それでもダメでした。

ですが、ようやく原因がわかりました。

それは「今日の日付を書いたメモも一緒に送る必要がある」ということです。

InstaFxCopy

2019/06/13

とこのように

大きくA4の用紙に日付を書いて、パスポートを持って自分の顔が写るように写真を撮って提出したところ、ようやく承認されました。

日付の書いた紙とパスポートを持って、それで撮影するのは結構大変ですが、これをやらないと出金できないので必ず先にやりましょう。

また、以前はユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを入力するとログインできましたが、6月中旬からはセキュリティが追加になり、Google認証を設定することができます。

セキュリティの面からもGoogle認証を有効にしましょう。

入金(Deposit)方法

まずは仮想通貨の取引所などからInstaFxCopyに入金します。

VISAやMasterCardが載っていますが、今はまだ利用できません。

まずは左側にある「預り金」をクリックします。

ビットコインかイーサリアムを選択。

右下に「次へ」というボタンがあるのでクリックすると下記の画面になります。

①投資する金額を入力(ドル)

② ①の入力した金額に対するビットコインの金額が表示されます。

③ アドレスをコピーします。

送金元でアドレスを貼り付けして、ビットコインの数量(②)を入力して送金します。

早いと数十分ですが、遅いと数時間かかります。

運用方法

大きく分けると4つコースがありますが、実際に私がやっているADVANCED(仮想通貨)の投資の運用方法を紹介します。

①左側のダッシュボードの「投資(INVESTMENT)」をクリックすると

  • 高度な(ADVANCED)
  • エリート(ELITE)
  • 極端な(EXSTREME)
  • 最高(SUPREME)

4つのコースがありますが「高度な(ADVANCED)」を選択します。

高度な(ADVANCED)」コースでも投資金額によって6つのコースがあります。

最大コピー数2」というのは「仮想通貨で運用するのを2人選べる」ということです。

投資金額が多いほどコピー数が増えます。

仮想通貨で2,500ドル以下を投資する場合は自然と初心者(BIGINNER)となります。

利益目標は初心者(BIGINNER)が90%で投資額が増えるにつれて最大で140%となっています。

利益目標が90%ということは1,000ドル投資した場合、利益の総額が90%(つまり900ドル)になると満期になって元金を引き出すことができます。

上の表で「キャッシュリターン はい」という部分がありますが、これは元金が戻るという意味です。

では利益目標を達成しないと元金は引き落としできないのかというとそうではありません。

投資金額の29%を支払うと満期を迎える前に投資金額を返金できる仕組みがあります。

ただし、事前に運営側にメールで元金の返却依頼が必要です。

つまり、29%の利益が出ればプラマイゼロとなります。

①投資金額を入力

②「投資する(INVEST)」をクリック

次にトレーダーを選択します。

ダッシュボードから

①トレード(trade)を選ぶ

②トレーディングエキスパート(Trading Experts)を選ぶ

すると画面の右側にトレーダーが表示されますが、全てのコースのトレーダーが表示されているので絞ります。

③仮想通貨の取引の場合は「上級(高度な、ADVANCEDとい意味です)」を選びます。

Google翻訳なのでADVANCEDが「高度な」とか「上級」などと表示される場合があります。

最後にトレーダーを選択します。

  • 利益(1M)
  • 収益性の高い取引
  • 昨日の利益

を参考にして高い人を選ぶと良いです。

私の場合、1,000ドル投資をしていますが、今までの中で

  • 一番悪い日が5.11ドル
  • 一番良い日が9.07ドル

でした。

仮想通貨はMAX2%ですが、そんな日は無くて今まで全て1%未満です。

平均すると日利0.7%前後ですが、月に換算すれば月利20%を超えるので、かなり良い利益率だと言えるでしょう。

出金手続き!6月19日から変更されたので注意

どんなに利益が出ても出金ができなかったりすると意味がないですし、手続きが複雑なのも面倒ですが、InstaFxCopyはとても簡単です。

ただし、6月19日からセキュリティが強化されて手続きが一つ増えました。

といっても、とても簡単に出金できます。

まずは日々発生している利益デポジットに移す必要があります。

①財務(Financial)⇒②転送(transfer)を選択

③ソースの利益(USD)の金額を確認する

④ ③の金額と同じか、それ以下の金額を入力する

⑤ 最後に「送る(send)」ボタンをクリック

デポジットに利益が転送されたら、次は自分の取引所かウォレットなどに出金依頼をします。

①撤回(WITHDRW)から②ビットコインかイーサリアムのどちらかを選択

③次(NEXT)ボタンをクリック

①出金する金額を入力します。

②ビットコインの受け取りアドレスを入力します。

③グーグル認証をします

④ 画面右下の「送る(send)」ボタンを押します

以前は①と②だけでしたが、グーグル認証が追加されて、なおかつ登録したメールアドレスに下記のようなメールが届きます。

 

「CONFIRM  REQUEST」をクリックすれば完了です。

出金依頼をする時間にもよるかもしれませんが、1時間もかからずに入金が完了しました。

以前はもっと時間がかかっていたようですので、セキュリティが強くなった分早く手続きが完了したのかもしれません。

IFCトークンの購入方法

配当型のウオレットでは運用するとトークンが配布されて、そのトークンが値上げすると大きな利益につながりますが、InstaFxCopyはミラートレードですので、それ自体はトークンと関係ないですが、独自に発行しているIFCトークンがあります。

すでに販売は開始されていて、初回は0.01ドルスタートでした。

2021年5月までには138ドルを目標にしているそうです。

 

さすがに2年後まで存続しているか不明ですが(笑)、もし2年後までInstaFXCopyがあったとしても0.01ドルが138ドルとなれば1万倍以上ですから、現在1万円分のIFCトークンを持っていたら1億円っていう妄想はやめましょう(笑)

1万倍は無理だとしても100倍であれば可能性があるので、そうなれば1万円が100万円ですから、少量でも購入してみるのもおもしろいと思います。

このIFCトークンの保有のメリットは価格が上がることによる利ザヤだけではありません。

  • INSTAFXCOPY会社の利益の一部を3カ月に一回づつ配当
  • ストック所有プログラムによる1日0.33%の配当

というメリットもあります。

既に初回(2019年5月25日)は発売が終了していて、7時間で3億IFCが完売しています。

そして6月4日に第2回、6月14日に第3回のIFCトークンの販売がありました。

初回と2回目は発売して7時間ほど完売までに時間がかかったのですが、3回目はなんと12分で完売しました!

6月24日の第4回の販売も18分で完売しています。

10日ごとに販売されます。

まだそれほど登録者数は多くないのですが、ここまで加熱するとなると次回もさらに競争が激しくなりそうです。

IFCトークンを購入する条件

  1. ミラートレード利益分
  2. アフィリエイト報酬
  3. ミラートレードで投資した金額と同じ額

3の場合はミラートレードで500ドル投資をしていたらIFCトークンを500ドル分まで購入できます。

IFCトークン購入手順

①ダッシュボードから「交換(EXCHANGE)」を選択すると下記の画面になります。

画面左側は6月24日の販売の時のものですが、グレーの部分が全て赤になると完売です。

まだ全て赤になっていないので購入できます。

①でミラートレードとアフィリエイト報酬の利益か、投資した分の現金なのかを選択

②トークンの数量を入力

③の金額が①の金額を超えていないか確認。

※③の金額が①を超えていると金額不足

④購入ボタンを押せば完了です。

毎回少しずつ金額が上がっていますが、まだそれほど上がっていないので、今のうちに購入しておきましょう。

関連記事

InstaFxCopyとは?その評判や日利2~5%って本当?その特徴と基本情報について

まとめ

今はウォレットタイプの投資が流行っていますが、このようにミラートレード(コピートレード)タイプのものも楽しく投資ができます。

登録や運用、出金手続きも簡単ですし、おこづかい稼ぎという感じで、ぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

私のサイトから登録していただいた方にはInstaFxCopyの登録や出金はもちろんのこと、仮想通貨取引所の件についても詳しくフォローさせていただきます。

InstaFxCopyの登録はこちらから

(もちろん、このサイトから登録されていない方でも質問されてもフォローいたします)